ヘッダー画像

長い歴史と積み重ねた結果が今の商品に

進化中

セックスしたいのに相手がいない、風俗に行くような余裕もない、というシーンで活躍するのが歴史のあるアイテムです。 名前の由来とは等身大の女性の形をした人形のことで、セックスを疑似体験できるアダルトグッズとして知られています。

ダッチワイフの歴史は長くかなり進化しています

現在では様々な種類の商品が存在しており、通常タイプのものからシリコン製の高級品まで幅広く販売されています。 また、もともとは男性の性欲を発散させるために用いられていたアイテムですが、これは現在では等身大の遊べる着せ替え人形として利用したりします。 歴史を見ても観賞用として部屋に飾っておくといった使い方をするユーザーもいます。 こういった多くのダッチワイフには女性器に模したオナホールと呼ばれるようなアイテムを簡単に取り付けて装着できるようになっております。 ペニスをここに挿入することで疑似セックスを体験できます。 そしてオナホールは単体でも販売されており、別途購入したオナホールを人形に装着するというスタイルになっています。 そして、このようにオナホールは股だけでなく口に装着できる小型タイプもあります。 本当に男性の様々な欲求を満たすよう工夫されているのが特徴と言えるでしょう。 一般的には彼女や奥さんのいない独身男性が使用しているというイメージです。 日本の歴史でも実際には中高年の需要が高く浮気をしないために使用しているというケースもあります。

ダッチワイフの本物を越える使い方とは

日本だけでなく世界でも長い歴史を重ねている

世界レベル

このカテゴリーにも様々な種類があります。 現在では主流となっているのは空気式で透明のラブドールと呼ばれるようなタイプとなっています。 従来の品は顔まで付いていたのですが、このドールタイプの品は顔がありません。

アメリカやヨーロッパでもダッチワイフは人気です

また、無色透明なのもこの商品の特徴と言えるでしょうし、この種類のタイプが販売されてダッチワイフの歴史が変わったとも言われるくらい秀逸なアイテムです。 これまでの歴史の中ではいかに魅力的なさわり心地にするか、また欲情する顔にするかという部分に力が入れられていましたが、こういったドールタイプはあっさりその歴史を覆してしまったのです。 そしてドールタイプも同じようにオナホールを根元から装着することができます。 また、現在ではドール用のオプショングッズも数多く販売されており、専用のスクール水着や下着類などもネットで販売されています。 こうしたグッズを使用することで更に興奮度を上げることができますし、想像力をかきたてることができるでしょう。 なお、ドールタイプも従来の品と同じように様々な姿勢の商品が存在します。

今後も歴史と共に見直されるパートナーになり得る

存在意義

抱き枕素材を用いた商品も存在します。 こちらも割と古い歴史があり、クッションビーズなどを利用することで抱き心地を重視していることが特徴と言えるでしょう。 温かみがありベッドで抱いて一緒に寝るだけでもイイですし、既存のオナホールを装着してそのまま疑似セックスを一人ですることもできます。

一度使用する価値がある高級なダッチワイフ

上半身タイプと全身タイプがありますが、特に全身タイプの品は本物の女性と一緒に寝ているような気分に浸れることから高い人気を博しました。 歴史を遡ってもデメリットとしては、ドールタイプなどが数千円から購入できるのに対しこちらは安くても一万円以上してしまうということでしょう。 また、空気式でないため収納するのに困ってしまう、というデメリットもありますので、毎日、頻繁に誰かが部屋に訪ねてくるという方にはあまりおススメすることができません。 現在では実に様々な商品が販売されていますから、自分にもっともマッチしたアイテムをチョイスするようにしましょう。 外部で外付けを装着できるという点は同じですが、ここの中には空気式でないものもありますからそうした点にも注意が必要です。 また、オプションとの相性もあり、中にはオナホールが簡単に外れてしまう、ということもあります。 そのため、ダッチワイフとの相性などについても事前に歴史からリサーチしておくと良いかもしれません。 インターネットで評価などを調べてみることも大切です。